バイクコーティングの優れた効果

バイクのガラスコートをすると、基本的には素材の発色が良くなったり、汚れが落ちやすくなったりします。
そのためにそれなりの出費をする意味はあると思います。
しかし当然ではあるのですが、いろんなコートの種類があり、そして特性も様々です。
つまり、特性の高いものほどその特性や扱い方を知っておかなくてはいけないということになりますよね。
少し簡単な具体例を挙げて説明してみたいと思います。

テフロン加工がされているフライパン
単なる鉄でできているフライパン

どちらを使いたいですか?
上記のものは焦げにくくできており、また洗うのも楽です。
しかし下記のものはその反対で、焦げ付きやすく洗うのも難しいですね。

テフロン加工することを、ガラスコートと呼び、油を塗ることをワックスと言います。

バイクコーティングをすると汚れがつきにくくなります。そして洗車をする時にも汚れは落ちやすくなります。
そして傷に関してのことですが、洗車をしている時に傷は一番つきます。そしてガラスコートの目的は、汚れを落とすスピードを早めることなのです。

愛車を購入する場合は、綺麗な状態が少しでも長き続いて欲しいという消費者の願いがあります。

ですから「傷がつきにくい」「洗車をする必要がない」「水洗いだけで洗車を済ませることができる」「耐久性は10年もある」「硬度が9H」であるといったような殺し文句に誘われてしまうのが消費者の心理ですよね。

しかし実際は、必ずしも傷がつく可能性はないと考えた方が良いと思います。確かに傷はつきにくいので、出費分のメリットはあります。

そしてガラスコートの性能を維持するためにも、洗車は絶対に必要なものです。そしてシャンプーをする必要もあります。それはクッション材の役割を果たすからです。

そして成分は10年間残りますが、耐久仕様の実働年数は5年が精一杯かもしれません。

ですからコーティングをするにも一長一短があるわけです。しかし何ごとにもピラスメントマイナス面はつきものですので、コーティングをするかどうかは本人の自己責任だと考えています。

そしてこの私は、コーティングが好きなので、出費をしてでも汚れや傷がつきにくい方法を選択しているわけです。

確かにディーラーの営業マンさんはコーティングの良い面しか話してくれません。しかし仲良くなると、ぶっちゃけ話は出てくるものです。
ですがその話を聞い多としても私はコーティングすることを最優先しています。

そしてコーティングには4種類があります。
第1は、素材の劣化を防ぎたい場合は「ガラスコーティング」になりますね。
第2は、艶や発色を優先させやい場合は「ワックス」になると思います。
第3は、性能の持続期間を長持ちさせたい場合は「ガラス系コーティング」になります。
第4は、汚れを簡単に落とせるようにさせたい場合は、全てのコーティングをすることとなります。

意外に難しい区別は、ガラス系コーティングとガラスコーティングの違いです。
これは「Si」という元素が少しでも含まれている場合のガラスコーティングは「系」になるんですね。
ですから純粋にガラスコーティングをする場合は、「Si」の割合が高いんです。基本的にこれは素人に理解しろと言っても無理です。
もしかしたら専門家でコーティングを施工している整備士さんでもよく分かっていない場合があるのではないでしょうか。

ディーラーさんの話によると、純粋なガラスコーティングよりも。「「系」の方が安価で効果も遜色がないとのことです。
やはり人間同士は仲良くなるとぶっちゃけ話が出て来て、それはウインウインの関係に発達しますね。

バイクコーティングは、見た目に関するメリットがあるのは間違いありません。特に購入したばかりのバイクに対して、コーティングが施される事はよくあります。購入したてのバイクは、いかにも新しい雰囲気があるでしょう。その見た目を維持したいと望んでいる方々は、よくコーティング作業を専門業者に任せている訳です。現にそれを行えば、確かに状況も変わってきます。
ところでバイクコーティングには、様々な種類が存在するのは間違いありません。たまにワックスなども、バイクコーティングの1つだと解釈される場合があります。

厳密に申し上げると、ワックスはバイクコーティングとは微妙に異なります。しかしバイク全体に対して塗料を塗るという意味では、確かにコーティングとは解釈できるでしょう。

それでワックスは、確かに見た目を良くできるメリットはあるのです。それを塗っておきますと、それなりにバイクに光沢感が生じる傾向はあります。ですからバイクに高級感を生み出したい方々などは、コーティングを行っている事も多いです。

ただワックスは、あまりおすすめできないと評価される事もあります。なぜなら、油汚れを生み出してしまう事も多いからです。ワックス自体が油でできている都合上、かえって汚れが多くなってしまう事もあります。

ですから多くの方々は、むしろガラス系のバイクコーティングで検討しています。なぜなら、ガラス系の方が明らかに汚れも付着しづらくなるからです。

そもそもガラス系のバイクコーティングを行ったからと言って、油汚れが発生する訳でもありません。ワックスとは、全く違う材料で作られているからです。そうでなく、ガラス系のバイクコーティングは保護をしてくれるメリットがあります。つまりバイク本体に対して、油汚れなどは付着しづらくなるメリットがあるのです。ですからバイクの見た目を良くしたいと望むなら、確かにワックスよりはバイクコーティングの方が良いでしょう。

それとバイクコーティングといえば、ポリマーと呼ばれるタイプが検討される場合があります。ポリマーも、確かにメリットがあるのです。それはバイクの光沢感を高めてくれるメリットはあるからです。

しかもその光沢感は、ガラス系と比べれば優れています。ガラス系もそれなりにバイクの見た目を光沢感を高めてくれますが、それでもポリマーほどではありません。ですから光沢感を重視する方々としては、ポリマーで検討している事もよくあります。

ところがポリマーには、耐久力に関するデメリットがあるのです。そもそもバイクには、経年劣化という概念があるでしょう。長い間その二輪車を使い続けていれば、だんだんと性能も悪化する傾向はあります。ポリマーも、それは同様です。やはり耐用年数があるのは否めません。

一般的にポリマーのバイクコーティングは、半年が1つの目安になるのです。つまりそれを行ってから半年ほど経過したら、再施工が必要になってしまいます。その手間は、少々大きいと評価される事もあるのです。

それに対してガラス系のコーティングの場合は、そこまで耐用年数が短くありません。だいたい1年くらいが、1つの目安にはなるのです。
しかし、それもバイクコーティング次第とは言えるでしょう。コーティング剤によっては、比較的長持ちしてくれる事もあります。

何と言っても、ガラス系のバイクコーティングは表面部分を保護してくれるメリットがあります。飛び石やホコリなどでバイクの本体に損傷が生じるのを、防いでくれるメリットがあるのです。それは、ポリマーのコーティングにはありません。

ですからバイクに対するコーティングは、ワックスやポリマーというより、もっぱらガラス系で検討される傾向があります。

ガラス系でバイクコーティングを行う場合、自力という手段もあります。現に費用を抑えたいと望んでいる方々は、自力でコーティング剤を使っているケースも少なくありません。

では具体的にどうやって自力でバイクコーティングを行うかと言うと、流れは次の通りになります。まず第1段階は、バイクに対する洗浄作業です。そして、この洗浄作業はとても大切なのです。

そもそも自力でバイクコーティングを行った後には、出来栄えが自分1つになってしまう事があります。特にバイクコーティングが未経験の方々などは、失敗してしまう事も案外と多いです。と言うのも、バイクに対する洗浄作業が不十分だからです。

やはりバイクに対する洗浄作業は、それなりにしっかり行っておく必要があります。中途半端に洗浄を行ってしまいますと、仕上がりが悪くなってしまう事が多いからです。

第2段階は、メイキング剤による下地作業です。下地を施す際には、基本的には独自のスポンジも使う事になります。その際に、スポンジはあまり大きなサイズにしない方が良いでしょう。手のひらの半分ぐらいのサイズが、おおむね丁度良いと言われています。そのスポンジを使って、メイキング剤で丁寧に下地を施すことになるのです。

そして第3段階は、クロスを使ってのふき取り作業です。このふき取り作業も、やはり丁寧に行う必要があります。中途半端にしますと、出来栄えが悪くなるリスクが高まるからです。

なおふき取りを行う時には、日射量などにも注意を要します。基本的には、炎天下での作業は行わない方が良いでしょう。それを行ってしまいますと、出来栄えが悪くなるリスクは高まります。

第4段階は、いよいよコーティング剤を塗っていく作業です。この時に注意するべきは、ムラが無いようにする事です。

未経験の方々は、たまにコーティング剤の塗りムラがあります。それで一部分だけやすくなってしまいますと、やはり出来栄えは悪くなってしまう事が多いのです。また一部分が薄くなっていると、それだけコーティング剤の効果も小さくなってしまいかねません。ですから全体に対して、満遍なく均質にコーティング剤を塗る必要はあるのです。

そして第5段階は、コーティング剤の乾燥作業です。この乾燥も、中途半端にするべきではありません。完全に乾燥するまで、待つ必要はあります。

第6段階は、コーティングに対する雨水の注意です。そもそもガラスのバイクコーティングを完了すれば、それで終了ではありません。バイクに対しては、雨水が当たってしまう事はあるでしょう。

それで雨水が当たってしまいますと、せっかくのコーティングの見た目が悪くなってしまう事も多いのです。もちろんそれは避けたいでしょう。ですからコーティング剤を施した後には、雨水が当たるのは避ける必要はあります。

少なくとも2週間程度は、できるだけバイクコーティングに雨水を当てないようにするべきです。もちろん2週間が経過すれば、特に問題はありません。

ただし、かなり注意をしていてもバイクコーティングに雨水が当たってしまうことはあります。その場合は、雨水を除去すれば特に問題はありません。

このように自力でのバイクコーティングは、それなりに手間を要します。特に上記の第6段階は、注意を要するでしょう。雨水による影響は、軽視できないからです。

もしもこのような手間をできるだけ省きたいと思うなら、やはり専門業者によるバイクコーティングがおすすめです。業者ならば、比較的速やかにコーティングを完了してくれるからです。また専門業者によるコーティングは、出来栄えも良い事が多いです。多少費用は高めになっても、基本的にバイクコーティングは専門業者が推奨されます。

PR|Page Rank KING看護師 募集育毛剤看護師求人FX 為替エステサロン海外バイナリーオプション車のラッピングならFX 自動売買ソフトお小遣いNETネットショップ 開業看護師求人ランキング洗車用品の通販看護師 転職アクセスランキング ラッシュハシエンダ自動相互リンクオラトリオ自動登録リンク集パイルバンカー即時登録リンク集副業ランキングウルトラ相互リンクグレートウォール相互リンク集無料相互リンクデッドニングの事ならバイクのコーティングなら+カーコーティングなら